自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・蜻蛉目(トンボ目) >モートンイトトンボ

自然観察雑記帳/サイト内検索
モートンイトトンボ
トンボ目  均翅亜目  イトトンボ科  モートンイトトンボ属
学名 Mortonagrion selenion
「雄」 撮影/May,18,2011

◎分布 北海道(南部)、本州、四国、九州。

◎生息地 平地や丘陵地の湿地、水田。

◎見られる時期 5〜9月。

◎大きさ 25〜28mm。

◎食物 昆虫。

・イギリスのトンボ学者、ケネス・モートン氏にちなんで名付けられた。

・雄は成熟すると、緑と橙色になる。

・雌は、はじめ橙黄色で黒斑はなく、成熟すると緑色になる。
・不完全変態(半変態) 卵→幼虫→成虫。
「雌・未成熟」
【分類】
◎動物界        [Animalia]
◎節足動物門     [Arthropoda]

◎昆虫綱        [Insecta]

◎蜻蛉目(トンボ目)  [Odonata]

◎均翅亜目(イトトンボ亜目) [Zygoptera]
◎イトトンボ科     [Coenagrionidae]
◎ヒメイトトンボ亜科 [Agriocnemidinae]
◎モートンイトトンボ属 [Mortonagrion]
◎モートンイトトンボ
       [Mortonagrion selenion]
「雄・成熟」
「雄・未成熟」
「雌・未成熟」
・雄の眼後紋は三日月状。雌の眼後紋は複眼にそって淡色の縦班がある。

・大きい画像、他の画像へ覗く
トンボ写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 成熟した雌は全身が綺麗な黄緑色になるようですが、まだ見てません。

トンボ目・索引  写真

--関連ページ--

キイトトンボ

/イトトンボ科

ベニイトトンボ

/イトトンボ科

アオモンイトトンボ

/イトトンボ科

セスジイトトンボ

/イトトンボ科

ムスジイトトンボ

/イトトンボ科
写真帳へ   観察帳へ
戻る  表紙へ