自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・蜻蛉目(トンボ目) >ミヤマアカネ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ミヤマアカネ(深山茜蜻蛉)
トンボ目/不均翅亜目/トンボ科/アカトンボ(アカネ)属
学名 Sympetrum pedemontanum (Allioni, 1766)
「雄・未成熟」 撮影/August,13,2003

◎分布/北海道〜九州。

◎生息地/丘陵地〜低山地の水田など

◎見られる時期/夏〜初冬。

◎大きさ/32〜38mm。

◎食物/昆虫。

・翅の縁紋の中ほどから内側にかけて幅広い褐色帯がある中型のトンボ。 

・深山とあるが、平地から丘陵地でも良く見られる。雄は成熟すると全身赤くなり、雌は橙褐色。

・不完全変態(半変態)/卵→幼虫→成虫
・大きい画像、他の画像へ覗く
トンボ写真検索はこちらへ
「雄」 撮影/October,09,2008
「雌」 撮影/August,26,2009
「雌」 撮影/September,06,2010
撮影/October,01,2012
【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門   [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎蜻蛉目(トンボ目) [Odonata]

◎不均翅亜目(トンボ亜目)
 [Anisoptera]
◎トンボ科      [Libellulidae]
◎アカトンボ亜科(アカネ亜科)
 [Sympetrinae]
◎アカネ属     [Sympetrum]
「交尾」 撮影/October,07,2014
「産卵」 撮影/October,07,2014
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

トンボ目・索引  写真

--関連ページ--

ヨツボシトンボ

/トンボ科

コフキトンボ

/トンボ科

ネキトンボ

/トンボ科

チョウトンボ

/トンボ科

ハッチョウトンボ

/トンボ科
写真帳へ   観察帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ