自然観察雑記帳> > 動物 > 他の昆虫 > オオハサミムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
オオハサミムシ(大鋏虫・大蠼螋)
ハサミムシ目(革翅目)  オオハサミムシ科
学名 Labidura riparia
「雄」 撮影/June,12,2014

◎分布 本州、四国、九州、南西諸島。

◎時期 ほぼ周年(主に4~10月)。

◎大きさ 体長18~30mm(鋏端まで)。

◎食物 雑食性(動物質や植物質)。

・世界共通種。川や海の石の下や土の中に生息する。
・ハサミは細長く内縁に細かい歯が並ぶ。♂ではさらに中央に1本の短い棘がある。

・不完全変態。卵→幼虫→成虫。


大きい画像、他の画像へ覗く
他の昆虫/写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

他の昆虫・索引  写真

--関連ページ--

コブハサミムシ

/クギヌキハサミムシ科

キバネハサミムシ

/クギヌキハサミムシ科

エゾハサミムシ

/クギヌキハサミムシ科

ヒゲジロハサミムシ

マルムネハサミムシ科

ハマベハサミムシ

マルムネハサミムシ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ