自然観察雑記帳> > 動物 > 他の昆虫 > マダラウスバカゲロウ

自然観察雑記帳/サイト内検索
マダラウスバカゲロウ(斑薄翅蜻蛉・斑蛟蜻蛉)
脈翅目(アミメカゲロウ目)  脈翅亜目  ウスバカゲロウ科
学名 Dendroleon pupillaris
撮影/July,05,2013

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 成虫期 6〜9月。

◎大きさ 体長 30mm前後、前翅長 36mm前後。

◎食物 ---

・体は淡褐色。翅は透明で、前翅中央部にある弓形の黒色斑紋が特徴。

・山地に生息、個体数は少ない。
 
覗く
他の昆虫/写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 突然飛んで来て、近くの木の葉に留まったと思ったら、今までに見たことのない斑紋。ちょっと距離があったので、色んな角度からは撮れませんでした。

他の昆虫・索引  写真

--関連ページ--

ヤマトクサカゲロウ

キバネツノトンボ

オオツノトンボ

ツノトンボ

ラクダムシ

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ