自然観察雑記帳> > 動物 > 他の昆虫 > コブハサミムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コブハサミムシ(瘤鋏虫・瘤蠼螋)
ハサミムシ目(革翅目)  クギヌキハサミムシ科
学名 Anechura harmandi
「雄・アルマン型」 撮影/March,15,2011

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 2~10月。4月、7月頃に発生。

◎大きさ 体長12~20mm。

◎食物 雑食性(虫や植物質)。

・年2回発生し、幼虫は樹上に棲み、成虫は樹皮下や石の下で越冬する。

・雄には、ハサミが著しく湾曲した「アルマン型」と中央部で角ばって曲がる「ルイス型」の2つの型がある。

・不完全変態。卵→幼虫→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
他の昆虫/写真検索はこちらへ。
「雄・ルイス型」 撮影/April,01,2011
撮影/April,13,2011
「雌」 撮影/May,07,2012
※判断自信度 ★★★★★
※メモ ハサミムシ目(革翅目)は、細長くて平たい体をし、腹部の先に革質のハサミを持つ。

他の昆虫・索引  写真

--関連ページ--

キバネハサミムシ

/クギヌキハサミムシ科

エゾハサミムシ

/クギヌキハサミムシ科

ヒゲジロハサミムシ

/マルムネハサミムシ科

ハマベハサミムシ

マルムネハサミムシ科

オオハサミムシ

/オオハサミムシ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ