自然観察雑記帳> > 動物 > 他の昆虫 > キカマキリモドキ

自然観察雑記帳/サイト内検索
キカマキリモドキ(黄擬蟷螂)
脈翅目(アミメカゲロウ目)  脈翅亜目  カマキリモドキ科
学名 Eumantispa harmandi
撮影/July,08,2011

◎分布 本州、四国、九州。

◎時期 6〜8月(成虫)。

◎大きさ 開翅長 32〜52mm。

◎食物 小昆虫など。

・「カマキリモドキ」は頭部、胸部のようすや前脚がカマキリの捕獲脚に似ている事から。

・頭部は淡橙黄色。前胸は黄色で栗色の一大斑紋がある。触角は黒褐色。
・腹部は黄褐色で各腹節の後縁は黒い。
・翅は透明で翅脈が目立ち、前縁部は黄褐色、縁紋は暗色。
・大きい画像、他の画像へ覗く
他の昆虫/写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

他の昆虫・索引  写真

--関連ページ--

キバネツノトンボ

オオツノトンボ

ツノトンボ

クロセンブリ

ラクダムシ

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ