自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >コナラシギゾウムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コナラシギゾウムシ(小楢鷸象鼻虫)
甲虫目/カブトムシ亜目/ゾウムシ上科/ゾウムシ科/ゾウムシ亜科
学名 Curculio dentipes (Roelofs, 1875)
撮影/July,14,2009

◎分布/北海道、本州、四国、九州。

◎時期/5〜10月。

◎大きさ/5.5〜10mm。

◎食物/幼虫はドングリの実。

・上翅は灰黄褐色〜濃褐色の鱗毛があり、波状の斑紋になる。

・完全変態/卵→幼虫→さなぎ→成虫

・大きい画像、他の画像へ覗く
ゾウムシ上科の写真検索はこちら
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
※判断自信度 ★★★★☆
※メモ 初めて見た時はあまりの可愛さに感激でした。が、しかし、調べるのが難しい・・・「コナラ」の木がたくさんある森で見つけた事、背面の模様がそれらしい事から判断しましたが、100%の自信はありません。何と言っても、この手の仲間は良く似たものが多く、「シイシギゾウムシ(C. hilgendorfi)」「クヌギシギゾウムシ(C. robustus)」「クリシギゾウムシ(C. sikkimensis)」などなど・・・他にも「ニセコナラシギゾウムシ(C. conjugaris)」と言うものまで居るようです。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

クヌギシギゾウムシ

ツバキシギゾウムシ

エゴシギゾウムシ

クロシギゾウムシ

タバゲササラゾウムシ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ