自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >シロテンハナムグリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
シロテンハナムグリ(白点花潜)
甲虫目  カブトムシ亜目  コガネムシ上科  コガネムシ科  ハナムグリ亜科
学名 Protaetia orientalis
撮影/July,01,2009

◎分布 本州、四国、九州。

◎時期 5〜9月。

◎大きさ 20〜25mm。

◎食物 樹液。

・唐金色、強弱の緑色光沢を帯び、ときに全体が緑色または赤銅色ないし黒紫色。
・上翅全体に白斑を散布するが、会合部中央後の白斑は2点紋または小白斑になる。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
コガネムシ上科写真検索はこちら。
撮影/July,16,2010
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
撮影/August,24,2011
「交尾」 撮影/August,07,2015
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 良く似た「シラホシハナムグリ(P. brevitarsis)」は、会合部中央後の白斑は大きい横長の斑紋になる。他に「ミヤマオオハナムグリ」「ムラサキツヤハナムグリ」など、似たものが存在する。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

クロハナムグリ

アオアシナガハナムグリ

オオチャイロハナムグリ

アオハナムグリ

ヒラタハナムグリ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ