自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >クシヒゲベニボタル

自然観察雑記帳/サイト内検索
クシヒゲベニボタル(櫛角紅蛍)
甲虫目/カブトムシ亜目/ホタル上科/ベニボタル科/ベニボタル亜科
学名 Macrolycus flabellatus (Motschulsky, 1860)
「雌」 撮影/June,09,2009

◎分布/日本全土。

◎時期/6〜7月。

◎大きさ/9〜20mm。

◎食物/---

・山地の花や葉の上で見られる。雄の櫛状の触角が特徴。

・胸部は長さより幅が広く、前縁は中央円味を帯び、後角は横に突き出る。

・上翅には4本の縦条線があり、第3条は不明瞭。雄の触角は櫛状、雌は鋸歯状。

・完全変態/卵→幼虫→さなぎ→成虫

・大きい画像、他の画像へ覗く
ホタル上科の写真検索はこちら
「交尾」 撮影/May,14,2012
撮影/June,18,2013
撮影/June,19,2014
撮影/June,06,2015
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
※判断自信度 ★★★★☆
※メモ 何故か交尾のシーンをよく見かけますが、雌と雄の大きさはかなり違いますね。良く似たものに「オオクシヒゲベニボタル(M. excellens)」と言うのが居るそうですが、どの位大きいのかも、見分け方も解りません。
他のベニボタル科「ベニボタル」「カクムネベニボタル」「スミアカベニボタル」など。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

ベニボタル

カクムネベニボタル

クロハナボタル

スミアカベニボタル

ヒシベニボタル
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ