自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >コアリガタハネカクシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コアリガタハネカクシ(小蟻形隠翅虫)
甲虫目  カブトムシ亜目  ハネカクシ上科  ハネカクシ科  アリガタハネカクシ亜科
学名 Megalopaederus lewisi
撮影/July,26,2010

◎分布 本州(中部以北)。

◎時期 6〜8月。

◎大きさ 10〜12.5mm。

◎食物 小昆虫など。

・黒くて光沢のある体をした、アリに似たハネカクシ。
・類似種「アオバアリガタハネカクシ」「エゾアリガタハネカクシ」など。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


 
ハネカクシなど写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★☆☆
※メモ 図鑑やネットによると、同属は全部で4種あってそれぞれが棲み分けをしていると言う。「コアリガタハネカクシ(M. lewisi)」は本州の中部から北部、「アリガタハネカクシ(M. poweri)」は紀伊半島、その他に西日本〜九州が分布の「ワダアリガタハネカクシ(M. wadai)」、東海地方北部〜東部の「クロサワアリガタハネカクシ(M. kurosawai)」が棲息しているそうです。・・・撮影地で判断しましたが、微妙ではっきりしない所があり・・・「クロサワアリガタハネカクシ」かもしれませんが、ここでは「コアリガタハネカクシ」にしておきます・・・3つ星です。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

アオバアリガタ
ハネカクシ

エゾアリガタ
ハネカクシ

キモンナガハネカクシ

 

ハイイロハネカクシ

 

サビハネカクシ

 
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ