自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >ヘリアカデオキノコムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヘリアカデオキノコムシ(縁赤出尾茸虫)
甲虫目  カブトムシ亜目  ハネカクシ上科  ハネカクシ科  デオキノコムシ亜科
学名 Scaphidium reitteri
撮影/May,21,2010

◎分布 本州、四国、九州。

◎時期 4〜10月。

◎大きさ 5〜6mm。

◎食物 キノコ類。

・デオキノコムシの仲間は日本に約70種ほど棲息する。
・以前はデオキノコムシ科だったが、現在はハネカクシ科のデオキノコムシ亜科に分類される。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


 
ハネカクシなど写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★☆
※メモ 同じ仲間の「エグリデオキノコムシ」や「ヤマトデオキノコムシ」に似ているが、斑紋の入り方や体形などから判断しました・・・さて、どうでしょう ? 「デオキノコムシ」とは「出尾茸虫」と書き、尾が出ていることからきているそうです。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

ヤマトデオキノコムシ

 

アカバデオキノコムシ

 

ヒメエンマムシ

 

オオヒラタ
エンマムシ

キノコアカマル
エンマムシ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ