自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >テントウノミハムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
テントウノミハムシ
甲虫目  カブトムシ亜目  ハムシ上科  ハムシ科  ノミハムシ亜科
学名 Argopistes biplagiatus
撮影/April,25,2010

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 4〜10月。

◎大きさ 3〜3.5mm。

◎食物 「ヒイラギ」「イボタ」など。

・「テントウムシ(ナミテントウ)」類に良く似たノミハムシの仲間。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


 
ハムシ写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★☆
※メモ 毒を持つテントウムシの仲間に擬態したと言われ、特に「アカボシテントウ」に良く似ている。近似種に「ヘリグロテントウノミハムシ(A. coccinellformis)」と言うのが居るようですが、何処で見分けるのか解かりません。4つ星です。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

オオアカマルノミハムシ

 

オオキイロ
マルノミハムシ

チャバネツヤハムシ
 

オオキイロノミハムシ

 

キバネマルノミハムシ

 
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ