自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >オオキイロマルノミハムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
オオキイロマルノミハムシ
甲虫目  カブトムシ亜目  ハムシ上科  ハムシ科  ノミハムシ亜科
学名 Argopus balyi
撮影/September,07,2009

◎分布 日本全土。

◎時期 5〜10月。

◎大きさ 4〜5mm。

◎食物 「ボタンヅル」「センニンソウ」の葉など。

・全体に橙褐色で、半球状をしている。

・良く似た名前で「オオキイロノミハムシ」と言うのが居て、体が長卵形ををしている。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


・大きい画像は覗くこちら。
ハムシ写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 類似種「オオアカマルノミハムシ」は、肢の腿節が赤褐色で後は黒色、触覚の基部4節以降が黒色をしている。「アカイロマルノミハムシ」は、本種よりもやや小さく鮮やかな赤色をしているらしい・・・・・・・ああ、ややこしい。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

チャバネツヤハムシ

オオキイロノミハムシ

キバネマルノミハムシ

テントウノミハムシ

オオアカマルノミハムシ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ