自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >ノコギリカミキリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ノコギリカミキリ(鋸天牛)
甲虫目  カブトムシ亜目  ハムシ上科  カミキリムシ科  ノコギリカミキリ亜科
学名 Prionus insularis
「雌」 撮影/July,10,2010

◎分布 北海道、本州、四国、九州、屋久島、対馬。

◎時期 5〜9月。

◎大きさ 23〜48mm。

◎食物 枯木材。

◎ホスト 各種針葉樹、および広葉樹など。

・体は黒色または黒褐色。ノコギリ歯状をした触覚が特徴。

・類似種「ニセノコギリカミキリ」。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
カミキリムシ科の写真検索はこちら
「雄」 撮影/July,22,2011
撮影/August,22,2012
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 初めは気付かずに大人しくしていたのですが、ちょっと触るとすぐに動き出して逃げられてしまいました。似たものが居る場合、色んな角度からの写真を撮らないと、後々判断に迷ってしまいます・・・「ニセノコギリカミキリ」の触覚は、本種より少し短く、雄は12節、雌は11節しかない(本種は共に12節)。また、本種の胸部は光沢が強く、ニセは光沢が弱い。

2011年7月---「雄」の写真を追加しました。雄の鋸歯状の触角は鋭く尖ってます。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

ウスバカミキリ

コバネカミキリ

オオクロカミキリ

ミヤマカミキリ

キマダラカミキリ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ