自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >ニセビロウドカミキリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ニセビロウドカミキリ
甲虫目  カブトムシ亜目  ハムシ上科  カミキリムシ科  フトカミキリ亜科
学名 Acalolepta sejuncta
撮影/July,26,2010

◎分布 日本全土。

◎時期 6〜8月。

◎大きさ 15〜20mm。

◎食物 各種広葉樹。

◎ホスト 広葉樹の枯れ木。
・体は暗赤褐色で、全体に黄褐色の微毛で覆われる。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


カミキリムシ科の写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★☆☆
※メモ 「ニセビロウドカミキリ」の触覚は、「ビロウドカミキリ」より細長く、オスでは体長の2.5倍、メスでは約2倍あると言う(ビロウドカミキリはオスで1.8〜2倍、メスは1.4倍)。この写真での触覚は体長の2倍ほど・・・と言う事は、ニセビロウドカミキリのメスか、ビロウドカミキリのオスの可能性もあります。調べれば調べるほど迷い込んで、自信がなくなってしまいます。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

ビロウドカミキリ

 

マルバネコブヒゲ
カミキリ

センノカミキリ

 

セミスジコブヒゲ
カミキリ

ヤツメカミキリ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ