自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >ニイジマチビカミキリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ニイジマチビカミキリ
甲虫目  カブトムシ亜目  ハムシ上科  カミキリムシ科  フトカミキリ亜科
学名 Egesina (Niijimaia) bifasciana
撮影/July,10,2010

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 6〜9月。

◎大きさ 3.5〜5mm。

◎食物 「クリ」「クワ」などの樹皮。

◎ホスト 各種広葉樹。

・全長5mm程の小さいカミキリムシ。

・頭部、胸部は黒色、上翅は褐色で中央に黒い帯状紋、後方に円形の紋がある。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
カミキリムシ科の写真検索はこちら
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
※判断自信度 ★★★★★
※メモ カミキリムシも奥が深く、本種のような5mmも満たない小さいものから、50mmを超える大きいもの、またハナカミキリのような細いものまで様々です。ちなみに日本最大は「シロスジカミキリ」で44〜55mmだそうです、最小は解りませんでした。ここまで小さいと、捕まえてゆっくりモデルになって貰わないと綺麗には撮れません (>_<)

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

キッコウモンケシカミキリ

シロオビチビカミキリ

キクスイカミキリ

コブスジサビカミキリ

ゴイシモモブトカミキリ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ