自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >ヒゲナガゴマフカミキリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヒゲナガゴマフカミキリ(鬚長胡麻斑天牛)
甲虫目  カブトムシ亜目  ハムシ上科  カミキリムシ科  フトカミキリ亜科
学名 Palimna liturata
撮影/August,06,2010

◎分布 北海道、本州、四国、九州、屋久島、対馬。

◎時期 7〜9月。

◎大きさ 12〜24mm。

◎食物 ブナ類、ミズナラなどの樹皮。

◎ホスト 広葉樹の枯れ木、朽木。

・触覚が長く、白と黒のごまだら模様をしたカミキリムシ。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。

・大きい画像、他の画像へ覗く
カミキリムシ科の写真検索はこちら
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
※判断自信度 ★★★★★
※メモ ゴマフはゴマフでも他のゴマフと違ってとても美しい。特にこの個体は黄色味が強く、もっと良い名前はなかったのかと思うほどです。触覚は長く、オスで体長の3倍、メスでは2倍程あります。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

ナガゴマフ
カミキリ

ゴマフカミキリ

 

シロオビゴマフカミキリ

 

カタシロゴマフカミキリ

 

クワサビカミキリ

 
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ