自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >クロナガキマワリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
クロナガキマワリ
甲虫目  カブトムシ亜目  ゴミムシダマシ上科  ゴミムシダマシ科
学名 Strongylium niponicum
撮影/July,20,2010

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 5〜10月。

◎大きさ 14〜18mm。

◎食物 枯れ木など。

・全体に黒色で、細長いキマワリ。

・類似種「キマワリ」。

・完全変態  卵→幼虫→さなぎ→成虫


・大きい画像は覗くこちら。
ゴミムシダマシ上科/写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ キマワリ」は何処でも見られるが、本種はそうは見られない。しかし、管理人のお気に入りの山は、反対に本種を見かける機会の方が多い。良く似た「シワナガキマワリ」は、上翅の中央が波を打ったようになっていて、シワのように見えるそうです・・・まだ現物は見た事はありません。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

コマルキマワリ

 

キマワリ

 

ホソヒゲナガキマワリ

 

エグリ
ゴミムシダマシ

ユミアシ
オオゴミムシダマシ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ