自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鞘翅目(甲虫目) >ヒメガムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヒメガムシ(姫牙虫)
甲虫目  カブトムシ亜目  ガムシ上科  ガムシ科
学名 Sternolophus rufipes
撮影/April,24,2011

◎分布 本州、四国、九州。

◎時期 4〜11月。

◎大きさ 9〜11mm。

◎食物 水草や藻など。

・平地や丘陵地の池や沼に生息する。
・ガムシ科は、水生甲虫としてはゲンゴロウ科につぐ大きい科。しかし、一部は陸生。
・後胸の棘突起は鋭く突出し、腹部第2節に達する。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
ガムシ科など写真検索はこちら
甲虫目/写真検索はこちらへ
オサムシ/コガネムシ他
タマムシ/コメツキムシ/ハネカクシ他
カミキリムシ   ・ハムシ
ヒラタムシ/ゴミムシダマシ類
ホタル類   ・ゾウムシ類
※判断自信度 ★★★★★
※メモ ガムシ科、初見、初撮り。結構可愛いお目々をしている。水生の昆虫をもっと増やしたいとは思っているが、そう簡単には見つけられない。

2011年5月---本種より大きい「コガムシ(Hydrochara affinis)」を撮影出来ました。

甲虫目・索引  写真

--関連ページ--

コガムシ

ハイイロゲンゴロウ

ヒメゲンゴロウ

コシマゲンゴロウ

マメゲンゴロウ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ