自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・半翅目(カメムシ目) >トビイロツノゼミ

自然観察雑記帳/サイト内検索
トビイロツノゼミ(鳶色角蝉)
半翅目(カメムシ目)  ヨコバイ亜目(頸吻亜目)  ツノゼミ科
学名 Machaerotypus sibiricus
撮影/July,13,2009

◎分布 日本全土。

◎時期 4〜11月(成虫で越冬)。

◎大きさ 5〜6mm。

◎食物 草木の汁。

・最も普通のツノゼミ。体は全体に暗褐色で、黄色の微毛が密生する。前胸背の左右に小さい突起がある。

・他のツノゼミ科「ツノゼミ」「オビマルツノゼミ」「ニトベツノゼミ」「モジツノゼミ」。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。

撮影/May,22,2010
・大きい画像、他の画像へ覗く
ヨコバイ類写真検索はこちら
カメムシ類写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ すごく可愛い・・・でも、肉眼で見ても小さ過ぎて解らないだろう。

カメムシ目・索引  写真

--関連ページ--

ツノゼミ

/ツノゼミ科

オビマルツノゼミ

/ツノゼミ科

ニトベツノゼミ

/ツノゼミ科

ミミズク

/ヨコバイ科

コミミズク

/ヨコバイ科
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ