自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・半翅目(カメムシ目) >テラウチウンカ

自然観察雑記帳/サイト内検索
テラウチウンカ(寺内浮塵子)
半翅目(カメムシ目)  ヨコバイ亜目(頸吻亜目)  ウンカ科
学名 Terauchiana singularis
撮影/April,17,2011

◎分布 本州、四国、九州。

◎時期 3〜11月。

◎大きさ 6.5〜7mm(翅端まで)。

◎食物 「ヨシ」「ススキ」などの汁。

・頭部が著しく前方へ突出したウンカの仲間。全体に淡暗黄色で、翅には小さな褐色の斑紋がある。

 

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。


・大きい画像は覗くこちら。
ヨコバイ類写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ てっきりテングスケバ科だと思いましたがウンカ科でした。夏には黒い翅をした「クロバネテラウチウンカ」と呼ばれる個体が発生するそうです。
カメムシ目・索引  写真
--関連ページ--

エゾナガウンカ

/ウンカ科

スジコガシラウンカ

/コガシラウンカ科

ナワコガシラウンカ

/コガシラウンカ科

ウチワコガシラウンカ

/コガシラウンカ科

ツマグロスケバ

/テングスケバ科
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ