自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・半翅目(カメムシ目) >ニトベツノゼミ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ニトベツノゼミ
半翅目(カメムシ目)  ヨコバイ亜目(頸吻亜目)  ツノゼミ科
学名 Centrotus nitobei
撮影/July,20,2013

◎分布 本州。

◎時期 7〜8月。

◎大きさ 9〜11mm(翅端まで)。

◎食物 「マユミ」「コブシ」など。

・山地性のツノゼミで、日本産ツノゼミ類の中で最も大きい。

・他のツノゼミ科「ツノゼミ」「トビイロツノゼミ」「オビマルツノゼミ」。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。

・大きい画像、他の画像へ覗く
ヨコバイ類写真検索はこちら
カメムシ類写真検索はこちら
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 良く似た「ツノゼミ」よりも大きく、立派なツノを持っていてカッコ良い。ずっと前から見たいと思っていたもの、見つけた瞬間に直ぐに解りました。

カメムシ目・索引  写真

--関連ページ--

ツノゼミ

/ツノゼミ科

オビマルツノゼミ

/ツノゼミ科

トビイロツノゼミ

/ツノゼミ科

ミミズク

/ヨコバイ科

コミミズク

/ヨコバイ科
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ