自然観察雑記帳/サイト内検索
エゾゼミ(蝦夷蝉)
半翅目(カメムシ目)  ヨコバイ亜目(頸吻亜目)  セミ科
学名 Tibicen japonicus
撮影/July,28,2007
 

◎分布 北海道〜九州。

◎時期 7〜9月。

◎大きさ 40〜46mm(翅端まで59〜65mm)。

◎食物 樹液。

・体は黒く、赤褐色と黄緑色の斑紋がある大形のセミ。背中にW字状の斑紋がある。

・北海道では平地で普通に見られるが、本州以南では標高700〜1000メートルの山地の松や杉林に生息する。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。

 
ヨコバイ類写真検索はこちら

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間「コエゾゼミ」。

カメムシ目・索引  写真

--関連ページ--

クマゼミ

/セミ科

アブラゼミ

/セミ科

ツクツクボウシ

/セミ科

ミンミンゼミ

/セミ科

コエゾゼミ

/セミ科
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ