自然観察雑記帳/サイト内検索
ヤニサシガメ(脂刺亀)
半翅目(カメムシ目)  カメムシ亜目(異翅亜目)  サシガメ科
学名 Velinus nodipes
撮影/May,26,2010

◎分布 本州、四国、九州。

◎時期 5〜8月。

◎大きさ 12〜15mm。

◎食物 昆虫などの体液。

・体は黒く光沢があり、全体にマツヤニ状の粘着物に覆われる。
・松の樹上に棲息し小昆虫を捕食する。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。


大きい画像、他の画像へ覗く
カメムシ類/写真検索はこちら。
ヨコバイ類/写真検索はこちら。
「幼虫」 撮影/April,16,2011
【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎半翅目(カメムシ目)    [Hemiptera]

◎異翅亜目(カメムシ亜目) [Heteroptera]
◎トコジラミ下目   [Cimicomorpha]
◎サシガメ上科   [Reduvioidea]
◎サシガメ科     [Reduviidae]
◎ヤニサシガメ  [Velinus nodipes]
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 松を食害する昆虫の天敵で知られ、最近は松林が枯れたりして棲む環境が失われてるのだそうです。

2011年4月 幼虫の写真、スライドショーを追加。

カメムシ目・索引  写真

--関連ページ--

ヨコヅナサシガメ

/サシガメ科

アカサシガメ

/サシガメ科

シマサシガメ

/サシガメ科

ヒゲナガサシガメ

/サシガメ科

クロモンサシガメ

/サシガメ科
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ