自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・半翅目(カメムシ目) >サビヒョウタンナガカメムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
サビヒョウタンナガカメムシ(錆瓢箪長亀虫)
半翅目(カメムシ目)/カメムシ亜目(異翅亜目)/ナガカメムシ科(※)
学名 Horridipamera inconspicua
撮影/April,16,2011

◎分布/本州、四国、九州。

◎時期/4〜11月。

◎大きさ/6mm前後。

◎食物/イネ科植物など。

・ヒョウタン型のナガカメムシ、前胸背の前から2/3付近でくびれる。
・ときにイネの穂を吸収して斑点米の原因となるため害虫とさせる。

・不完全変態(小変態)/卵→幼虫→成虫

カメムシ類/写真検索はこちら
ヨコバイ類/写真検索はこちら
【分類】
◎動物界    [Animalia]
◎節足動物門 [Arthropoda]

◎昆虫綱    [Insecta]

◎半翅目     [Hemiptera]

◎異翅亜目   [Heteroptera]
◎カメムシ下目
 [Pentatomomorpha]
◎ナガカメムシ上科
 [Lygaeoidea]
◎ヒョウタンナガカメムシ科
 [Rhyparcochromidae]
※判断自信度 ★★★★★
※メモ (※) 「ナガカメムシ科」→「ヒョウタンナガカメムシ科」

カメムシ目・索引  写真

--関連ページ--

コバネヒョウタン
ナガカメムシ

ヒョウタンナガカメムシ

 

モンシロ
ナガカメムシ

オオモンシロ
ナガカメムシ

コバネ
ナガカメムシ
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ