自然観察雑記帳/サイト内検索
オオアメンボ(大水黽)
半翅目(カメムシ目)  カメムシ亜目(異翅亜目)  アメンボ科
学名 Aquarius elongatus
撮影/May,02,2011

◎分布 本州、四国、九州。

◎時期 4〜10月。

◎大きさ 19〜27mm。

◎食物 小昆虫などの体液。

・日本のアメンボの中で最大。
・他のアメンボ科は「ナミアメンボ」「シマアメンボ」「ハネナシアメンボ」「ヒメアメンボ」「コセアカアメンボ」など。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。


・大きい画像は覗くこちら。
カメムシ類/写真検索はこちら。
ヨコバイ類/写真検索はこちら。
【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎半翅目(カメムシ目)    [Hemiptera]

◎異翅亜目(カメムシ亜目) [Heteroptera]
◎アメンボ下目   [Gerromorpha]
◎アメンボ上科    [Gerroidea]
◎アメンボ科     [Gerridae]
◎オオアメンボ   [Aquarius elongatus]
※判断自信度 ★★★★★
※メモ あまりの大きさに驚きました。比較のために「コセアカアメンボ」と一緒に写ったもの(三枚目)を載せますが、本種だけを見たとしても他種と間違える事はないでしょう。

カメムシ目・索引  写真

--関連ページ--

ナミアメンボ

/アメンボ科

ハネナシアメンボ

/アメンボ科

シマアメンボ

/アメンボ科

ヒメアメンボ

/アメンボ科

コセアカアメンボ

/アメンボ科
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ