自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・半翅目(カメムシ目) >クチブトカメムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
クチブトカメムシ(口太亀虫)
半翅目(カメムシ目)/カメムシ亜目(異翅亜目)/カメムシ科
学名 Picromerus lewisi
撮影/July,13,2009

◎分布/北海道、本州、四国、九州。

◎時期/成虫で越冬。

◎大きさ/11〜16mm。

◎食物/蝶類の幼虫、小昆虫など。

・山地の潅木の上に棲む。

・類似種「オオクチブトカメムシ」は、前胸背の側角が細く、鋭く、突出する。

・不完全変態(小変態)/卵→幼虫→成虫

・大きい画像、他の画像へ覗く
カメムシ類/写真検索はこちら
ヨコバイ類/写真検索はこちら
【分類】
◎動物界    [Animalia]
◎節足動物門 [Arthropoda]

◎昆虫綱    [Insecta]

◎半翅目    [Hemiptera]

◎異翅亜目  [Heteroptera]
◎カメムシ下目
 [Pentatomomorpha]
◎カメムシ上科
 [Pentatomoidea]
◎カメムシ科
 [Pentatomidae]
※判断自信度 ★★★★☆
※メモ 腹部腹面中央に3〜4個の黒斑があれば間違いないのですが調べていません。まず間違ってないとは思いますが、「オオクチブトカメムシ」を見た事がありませんので、4つ星にしておきます。

2013年11月---「オオクチブトカメムシ」の写真が撮れました。前胸背の側角が本種よりも鋭くてカッコいいです。

カメムシ目・索引  写真

--関連ページ--

クサギカメムシ

ブチヒゲカメムシ

スコットカメムシ

ルリクチブトカメムシ

アシアカカメムシ
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ