自然観察雑記帳/サイト内検索
コミズムシ(小水虫)
半翅目(カメムシ目)  カメムシ亜目(異翅亜目)  ミズムシ科
学名 Sigara substriata
撮影/April,22,2013

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎別名 「フウセンムシ」。

◎時期 3〜10月。

◎大きさ 6mm前後。

◎食物 藻類など。

・池や沼、水田などに生息する水生の昆虫。マツモムシ科の「マツモムシ」のように背泳ぎはせず、水底付近にいる事が多い。
・上面は、黄褐色に黒褐色の細かい条斑があり、前胸背には8〜9本の黒い横帯がある。
・メミズムシ科の「メミズムシ」は、水際の湿った所に生息するが水中に潜ることはない。

カメムシ類/写真検索はこちら。
ヨコバイ類/写真検索はこちら。
【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎半翅目(カメムシ目)    [Hemiptera]

◎異翅亜目(カメムシ亜目) [Heteroptera]
◎タイコウチ下目   [Nepomorpha]
◎ミズムシ上科    [Corixoidea]
◎ミズムシ科     [Corixidae]
◎コミズムシ    [Sigara substriata]
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間に「ハラグロコミズムシ(S. nigroventralis)」や「エサキコミズムシ(S. septemlineata)」など、幾つか存在しますが、本種はごく普通に見られます。以前から何度も見てはいたのですが、直ぐに逃げられたり、水の深い所に居たりと、、、今回は、近くて水深10cmほどの所に居たので、身を乗り出して何とか撮る事が出来ました。それでも、使える画像はほんの数枚・・・水生昆虫は難しいです。

カメムシ目・索引  写真

--関連ページ--

メミズムシ

/メミズムシ科

マツモムシ

/マツモムシ科

タイコウチ

/タイコウチ科

コオイムシ

/コオイムシ科

タガメ

/コオイムシ科
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ