自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・半翅目(カメムシ目) >ヒメタイコウチ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ヒメタイコウチ(姫太鼓打)
半翅目(カメムシ目)  カメムシ亜目(異翅亜目)  タイコウチ科
学名 Nepa hoffmanni
撮影/June,06,2011

◎分布 本州(愛知・三重・兵庫)、四国(香川)。

◎時期 3〜11月。

◎大きさ 18〜22mm。

◎食物 他の昆虫など。

・湧水付近のコケ間や落葉間に棲む。
・体は葉状で暗褐色、光沢はない。尾端の呼吸管は2.5〜3mmと短い。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
カメムシ類/写真検索はこちら。
ヨコバイ類/写真検索はこちら。
【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎半翅目(カメムシ目)    [Hemiptera]

◎異翅亜目(カメムシ亜目) [Heteroptera]
◎タイコウチ下目   [Nepomorpha]
◎タイコウチ上科    [Nepoidea]
◎タイコウチ科     [Nepidae]
◎ヒメタイコウチ   [Nepa hoffmanni]
撮影/November,02,2011
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 「タイコウチ(Laccotrephes japanensis)」は、30〜38mmと本種よりかなり大きく、呼吸管も体長と同じくらい長い。

2012年5月---類似種「タイコウチ」の写真が撮れました。

カメムシ目・索引  写真

--関連ページ--

タイコウチ

/タイコウチ科

コオイムシ

/コオイムシ科

タガメ

/コオイムシ科

コミズムシ

/ミズムシ科

マツモムシ

/マツモムシ科
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ