自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・半翅目(カメムシ目) >イセリヤカイガラムシ

自然観察雑記帳/サイト内検索
イセリヤカイガラムシ
半翅目(カメムシ目)  腹吻亜目  ワタフキカイガラムシ科
学名 Icerya purchasi
「雌」 撮影/October,09,2012
◎別名 「ワタフキカイガラムシ」。

◎分布 本州、四国、九州、沖縄。

◎時期  一年中(幼虫か成虫で越冬)。

◎大きさ 雄=約3mm 雌=約5mm。

◎食物 樹木の汁。

・ミカンなどの柑橘類によくつくほか、多くの植物に寄生する。天敵は「ベダリヤテントウ」。
・雌は楕円形で暗橙黄色、背面に黄白色の蝋質物を厚く覆う。雄の成虫は、体長3mm、開張7mmで稀に見られる。
 
カメムシ類写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 何処から何処までが体なのか ? 良く解らない生き物ですが・・・白い蝋物質のほとんどは卵嚢だそうです。
カメムシ目・索引  写真
--関連ページ--

ベニキジラミ


/キジラミ科

ツノロウムシ


/カタカイガラムシ科

セイタカアワダチソウ
ヒゲナガアブラムシ

/アブラムシ科

ガマノハ
アブラムシ

/アブラムシ科

キョウチクトウ
アブラムシ

/アブラムシ科
観察帳ヘ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ