自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・膜翅目(ハチ目) >セグロアシナガバチ

自然観察雑記帳/サイト内検索
セグロアシナガバチ(背黒脚長蜂)
膜翅目  ハチ亜目  スズメバチ科  アシナガバチ亜科
学名 Polistes jokahamae
撮影/April,12,2007

◎分布 本州、四国、九州、奄美大島。

◎時期 4〜10月。

◎大きさ 20〜26mm。

◎食物 他の昆虫など。

・市街地でも普通に見られる大形のアシナガバチ。体は黒く、黄褐色の斑紋がある。

・同じ仲間「キアシナガバチ」「キボシアシナガバチ」など。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。


・大きい画像は覗くこちら。
ハチ目写真検索はこちら。

※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

ハチ目・索引  写真

--関連ページ--

キアシナガバチ

/スズメバチ科

キボシアシナガバチ

/スズメバチ科

ムモンホソアシナガバチ

/スズメバチ科

オオスズメバチ

/スズメバチ科

コガタスズメバチ

/スズメバチ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ