自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・膜翅目(ハチ目) >コアシナガバチ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コアシナガバチ(小脚長蜂)
膜翅目/ハチ亜目/スズメバチ科/アシナガバチ亜科
学名 Polistes snelleni
撮影/September,12,2012

◎分布/北海道、本州、四国、九州。

◎時期/5〜10月。

◎大きさ/11〜13mm。女王蜂 14〜16mm。

◎食物/他の昆虫など。幼虫の餌として主に鱗翅目の幼虫を狩る。

・アシナガバチ属の中で最も小さい。体は黒色で赤褐色と黄色の斑紋がある。

・同じ仲間「キボシアシナガバチ」「セグロアシナガバチ」「キアシナガバチ」など。

・完全変態/卵→幼虫→さなぎ→成虫
ハチ目写真検索はこちら
【昆虫/写真検索】
・鞘翅目/オサムシ・コガネムシ他
 カミキリムシ類 ハムシ類 
 タマムシ・コメツキムシ・ハネカクシ他
 ヒラタムシ ホタル類 ゾウムシ類
鱗翅目/蝶  蛾@ A  幼虫
半翅目/カメムシ類  ヨコバイ類
蜻蛉目 膜翅目 双翅目
直翅目 その他
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

ハチ目・索引  写真

--関連ページ--

セグロアシナガバチ

/スズメバチ科

キボシアシナガバチ

/スズメバチ科

キアシナガバチ

/スズメバチ科

ムモンホソアシナガバチ

/スズメバチ科

オオスズメバチ

/スズメバチ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ