自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・膜翅目(ハチ目) >アズマオオズアリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
アズマオオズアリ(東大頭蟻)
膜翅目  ハチ亜目  アリ科  フタフシアリ亜科
学名 Pheidole fervida
「兵アリ」 撮影/August,28,2012

◎分布 北海道、本州、四国、九州、屋久島。

◎時期 羽アリ 7〜9月。

◎大きさ 働きアリ 約2.5mm、兵アリ 約3.5mm、女王アリ 約7mm。

◎食物 甘露、昆虫など。

・体は黄褐色〜赤褐色。兵アリの頭部が大きいのが特徴。

・林縁〜林内にかけて生息し、朽木中などに営巣する。羽アリの飛出は7〜9月。

・完全変態 卵→幼虫→さなぎ→成虫。

 
「兵アリ」と「働きアリ」
「雄アリ」
・大きい画像は覗くこちら。
ハチ目写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 日本には、Pheidole属(オオズアリ属)は9種が知られていて、本種の分布域が一番広い。次は、西日本〜南西諸島に生息する「オオズアリ(P. noda)」と、西日本の所々と南西諸島に生息する「ヒメオオズアリ(P. pieli)」です。「オオズアリ」は、本種より大きく、頭部と腹部は黒褐色をしています。「ヒメオオズアリ」は、一番小さく、働きアリで1.5mm、兵アリで3mmほどしかないそうです。

ハチ目・索引  写真

--関連ページ--

クロオオアリ

/アリ科

クロヤマアリ

/アリ科

トゲアリ

/アリ科

ムネアカオオアリ

/アリ科

アミメアリ

/アリ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ