自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目) >ウラクロシジミ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ウラクロシジミ(裏黒小灰蝶)
鱗翅目(チョウ目)  シジミチョウ科  ミドリシジミ亜科
学名 Iratsume orsedice
撮影/June,12,2013

◎分布 北海道(南部)、本州、四国、九州。

◎時期 6〜7月

◎大きさ 前翅長 17〜19mm

◎食草 「マンサク」「マルバマンサク」などマンサク科。

◎越冬状態 「卵」。
・翅の裏面が暗褐色をしたシジミチョウ。翅表は、雄では全体に銀白色、雌では期半部は青白色で外縁は黒い。
・山地の落葉広葉樹林に生息し、低木や下草などに静止していることが多い。
・年1回、6〜7月に発生し、卵で越冬する。
・ゼフィルスと呼ばれるものは日本に25種あり、その中の一種。

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎鱗翅目        [Lepidoptera]

◎アゲハチョウ上科 [Papilionoidea]
◎シジミチョウ科    [Lycaenidae]
◎ミドリシジミ亜科  [Theclinae]
◎ウラクロシジミ属  [Iratsume]
◎ウラクロシジミ  [Iratsume orsedice]

撮影/June,14,2013
・大きな画像、他の画像へ覗く
チョウ写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ ゼフィルスは、「ウラゴマダラシジミ」「ミズイロオナガシジミ」「ウラナミアカシジミ」「アカシジミ」「ミドリシジミ」に次いで、6種目になりました。
管理人のホームグラウンドの一つ、思ってもいなかった種に出逢うと嬉しいものです。

二日後に近い場所で再会しました、翅の破れかたから同じ個体だと思います。また、翅表の外縁の色から判断すると、この個体は雌でしょう。銀白色をした雄の綺麗な翅表を是非見てみたい。

チョウ目・索引  写真

--関連ページ--

ミドリシジミ

/シジミチョウ科

メスアカミドリシジミ

/シジミチョウ科

アカシジミ

/シジミチョウ科

ウラナミアカシジミ

/シジミチョウ科

ウラゴマダラシジミ

/シジミチョウ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ