自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目) >ウラギンスジヒョウモン

自然観察雑記帳/サイト内検索
ウラギンスジヒョウモン(裏銀条豹紋)
鱗翅目(チョウ目)  タテハチョウ科  ドクチョウ亜科
学名 Argyronome laodice
「雄」 撮影/July,31,2003

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 6〜10月

◎大きさ 前翅長28〜38mm

◎食草 「タチツボスミレ」「フモトスミレ」などスミレ科の植物。

◎越冬状態 「卵」「幼虫」。
・後翅裏面に銀白色の筋状斑があるヒョウモンチョウ。環境省カテゴリでは、準絶滅危惧(NT)に指定されている。
・雄は前翅表の翅脈状に2本の性標(黒い条)がある。雌雄ともに後翅裏面には1本の細い白帯がある。
・雌は前翅頂付近に三角形の白斑がある。
・丘陵地〜山地の樹林や草原などに生息し、各種の花蜜を吸う。
・成虫は6〜7月に発生し、卵、または幼虫で越冬する。
・良く似たものに「オオウラギンスジヒョウモン(A. ruslana)」が居て、本種よりやや大きく、前翅の先端が尖る。

 
チョウ写真検索はこちらへ。

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎鱗翅目        [Lepidoptera]

◎アゲハチョウ上科 [Papilionoidea]
◎タテハチョウ科    [Nymphalidae]
◎ドクチョウ亜科   [Heliconiinae]
◎ウラギンスジヒョウモン属 [Argyronoma]
◎ウラギンスジヒョウモン [Argyronoma laodice]

※判断自信度 ★★★★☆
※メモ 前翅にある2本の性標が目立つ事と、翅が丸みを帯びている事から判断しました。また、前翅裏面の中央には白斑列があることが、見分けるポイントになるそうですが、この写真では無理です。もしかしたら間違っているかもしれませんので、4つ星にしておきます。

2015年9月---全国的に減少が著しく、生息地は少なくなってるそうです。以後、見る機会がありません。

チョウ目・索引  写真

--関連ページ--

オオウラギンスジ
ヒョウモン

/タテハチョウ科

ツマグロヒョウモン

/タテハチョウ科
 

クモガタヒョウモン

/タテハチョウ科

 

メスグロヒョウモン

/タテハチョウ科

 

ミドリヒョウモン

/タテハチョウ科

 

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ