自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目) >ウラギンヒョウモン

自然観察雑記帳/サイト内検索
ウラギンヒョウモン(裏銀豹紋)
鱗翅目(チョウ目)  タテハチョウ科  ドクチョウ亜科
学名 Fabriciana adippe
「雄」 撮影/June,28,2011

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 6〜10月

◎大きさ 前翅長27〜36mm

◎食草 「スミレ」「タチツボスミレ」などスミレ科の植物。

◎越冬状態 「卵」、または「幼虫」。
・後翅の裏面に銀白色の斑紋が多数あるヒョウモンチョウ。
・雄は、前翅表の翅脈状に鮮明な2本の性標(黒い条)があり、雌の翅表は黒斑が発達してやや黒みが強い。
・後翅裏面は多数の銀白斑があり、外半部に茶褐色斑の列がある。
・平地〜山地の草原に生息し、各種の花蜜を吸う。
・成虫は6〜7月に発生し、卵(幼虫の場合もある)で越冬する。
「雄」 撮影/June,16,2013

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎鱗翅目        [Lepidoptera]

◎アゲハチョウ上科 [Papilionoidea]
◎タテハチョウ科    [Nymphalidae]
◎ドクチョウ亜科   [Heliconiinae]
◎ウラギンヒョウモン属 [Fabriciana]
◎ウラギンヒョウモン [Fabriciana adippe]

「交尾」 撮影/July,17,2013
・大きな画像、他の画像へ覗く 
チョウ写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 良く似た「ギンボシヒョウモン」とは、裏面外半部に褐色の紋が並ぶ事、後翅前縁の銀白斑が5つ(ギンボシは4つ)である事から見分けられるそうですが、まだ見たことがありません。また、絶滅危惧T類の「オオウラギンヒョウモン」も生息地が限られていて見た事はありません。何時かは見て、写真を撮りたいと思ってますが、さて・・・

チョウ目・索引  写真

--関連ページ--

ツマグロヒョウモン

/タテハチョウ科

 

ミドリヒョウモン

/タテハチョウ科
 

クモガタヒョウモン

/タテハチョウ科

 

オオウラギンスジ
ヒョウモン

/タテハチョウ科

メスグロヒョウモン

/タテハチョウ科
 

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ