自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目) >ツマグロヒョウモン

自然観察雑記帳/サイト内検索
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)
鱗翅目(チョウ目)  タテハチョウ科  ドクチョウ亜科
学名 Argyreus hyperbius
「雄」 撮影/September,27,2008
「成虫」

◎分布 本州、四国、九州、南西諸島。

◎時期 4〜10月。

◎大きさ 前翅長34〜38mm

◎越冬状態 「幼虫」「蛹」。
・雌の前翅外半部が青色光沢のある黒色をしたヒョウモンチョウ。
・雄の翅表は豹柄模様で、後翅の外縁に黒色の帯がある。
・雌の翅表外半部は黒色で、中心に白色の帯があ。
・平地〜丘陵地の明るい草地、人家周辺、都市公園などで普通に見られる。
・暖地では年4回〜周年発生し、幼虫で越冬する。
「雌」

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎鱗翅目        [Lepidoptera]

◎アゲハチョウ上科 [Papilionoidea]
◎タテハチョウ科    [Nymphalidae]
◎ドクチョウ亜科   [Heliconiinae]
◎ツマグロヒョウモン属 [Argyreus]
◎ツマグロヒョウモン [Argyreus hyperbius]

「交尾」
「蛹」 撮影/June,17,2011
「幼虫」 撮影/August,01,2011
 
「幼虫」

◎大きさ 体長 40〜45mm

◎食草 スミレ科の植物。


・大きな画像、他の画像へ覗く
幼虫写真検索はこちらへ。
チョウ写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2011年6月---「蛹」の写真を追加しました。
2011年8月---「幼虫」の写真を追加しました。

チョウ目・索引  写真

--関連ページ--

ミドリヒョウモン

/タテハチョウ科

ウラギンヒョウモン

/タテハチョウ科

メスグロヒョウモン

/タテハチョウ科

イチモンジチョウ

/タテハチョウ科

ミスジチョウ

/タテハチョウ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ