自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目) >サトキマダラヒカゲ

自然観察雑記帳/サイト内検索
サトキマダラヒカゲ(里黄斑日陰)
鱗翅目(チョウ目)  タテハチョウ科  ジャノメチョウ亜科
学名 Neope goschkevitschii
撮影/May,23,2009

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 5〜6月、8月

◎大きさ 前翅長35〜44mm

◎食草 「マダケ」「メダケ」などタケ、ササ類。

◎越冬状態 「蛹」。
・茶褐色の翅に黄色い斑紋があるジャノメチョウ。日本固有種。
・翅裏は黄白色〜黄褐色で複雑な模様をしている。

・平地〜山地の森林や雑木林に生息し、樹液によく集まる。

・通常年2回、寒冷地では年1回発生し、蛹で越冬する。


・大きい画像は覗くこちら。
チョウ写真検索はこちらへ。
撮影/May,18,2011

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎鱗翅目        [Lepidoptera]

◎アゲハチョウ上科 [Papilionoidea]
◎タテハチョウ科    [Nymphalidae]
◎ジャノメチョウ亜科 [Satyrinae]
◎キマダラヒカゲ属  [Neope]
◎サトキマダラヒカゲ
    [Neope goschkevitschii]

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 翅を閉じてることが多く、翅表の写真は撮れてません。同じ仲間「ヤマキマダラヒカゲ」は後翅の基部にある3個の斑紋の一つが大きくずれる事で見分けられる。 

チョウ目・索引  写真

--関連ページ--

ヤマキマダラヒカゲ

/タテハチョウ科

ジャノメチョウ

/タテハチョウ科

ヒメウラナミジャノメ

/タテハチョウ科

ウラナミジャノメ

/タテハチョウ科

オオヒカゲ

/タテハチョウ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ