自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目) >オオムラサキ

自然観察雑記帳/サイト内検索
オオムラサキ(大紫)
鱗翅目(チョウ目)/タテハチョウ科/タテハチョウ亜科(コムラサキ亜科)
学名 Sasakia charonda
「雄」 撮影/July,04,2008

◎分布/北海道〜九州。

◎時期/6〜8月

◎大きさ/前翅長48〜68mm

◎食草/ニレ科の「エノキ」など。

◎越冬状態/「幼虫」。

・日本の国蝶。環境省カテゴリでは、準絶滅危惧(NT)に指定されている。

・雄の翅表は基部から半分ほどが紫色で白い大小の斑があり、中央から外は黒色に黄色の斑列がある。
・翅裏は淡黄色〜銀白色。表裏ともに後翅の肛角部に赤色斑がある。
「雌」 撮影/August,21,2012
・雌は紫色部はなく、全体に褐色。雄よりも大きい。
・主に丘陵地〜低山地の落葉広葉樹林に生息し、樹液によく集まる。年1回、6〜8月に発生する。
チョウ写真検索はこちらへ
「雄」 撮影/June,10,2015
【分類】
◎動物界     [Animalia]
◎節足動物門  [Arthropoda]

◎昆虫綱     [Insecta]

◎鱗翅目     [Lepidoptera]

◎アゲハチョウ上科
 [Papilionoidea]
◎タテハチョウ科
 [Nymphalidae]
◎コムラサキ亜科
 [Apaturinae]
◎オオムラサキ属 [Sasakia]
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2012年8月---綺麗な写真ではありませんが、「雌」の写真が撮れましたので追加しました。
2015年8月---「雄」の写真を追加しました。時々、見かけますが、撮影するチャンスはあまりありません。

チョウ目・索引  写真

--関連ページ--

コムラサキ

/タテハチョウ科

スミナガシ

/タテハチョウ科

アサギマダラ

/タテハチョウ科

アカシジミ

/シジミチョウ科

ウラナミアカシジミ

/シジミチョウ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ