自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目) >オナガアゲハ

自然観察雑記帳/サイト内検索
オナガアゲハ(尾長揚羽)
鱗翅目(チョウ目)  アゲハチョウ科  アゲハチョウ亜科
学名 Papilio macilentus
撮影/August,08,2011

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 4〜9月。

◎大きさ 前翅長50〜70mm。

◎食草 ミカン科の「コクサギ」「サンショウ」「イヌザンショウ」など。

◎越冬状態 「蛹」。
・細長い翅形と長い尾状突起が特徴のアゲハ。

・年に2回、4〜5月と7〜8月に発生し、ツツジ類やクサギなどの花で級蜜する。

・他の黒いアゲハは「クロアゲハ」「ナガサキアゲハ」「カラスアゲハ」「ミヤマカラスアゲハ」など。

撮影/May,18,2016

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎鱗翅目        [Lepidoptera]

◎アゲハチョウ上科 [Papilionoidea]
◎アゲハチョウ科   [Papilionidae]
◎アゲハチョウ亜科 [Papilioninae]
◎アゲハチョウ属   [Papilio]
◎オナガアゲハ  [Papilio macilentus]

 
チョウ写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ あまり良い写真ではないですが、とりあえず載せておき、次回に良い写真が撮れましたら入れ替えるつもりです。他の黒いアゲハ類よりも見かける機会は少なく、撮影するチャンスも少ないのでは ? ・・・また、見慣れないと瞬間的に見分けるのは難しいと思います。

クロアゲハ」は尾状突起が短い、「ジャコウアゲハ」は後翅肛角部の赤い眼状斑がないことから、本種と判断しました。

2016年5月---写真を一部入れ替え、追加しました。中々、ゆっくりと撮らせてくれません。

チョウ目・索引  写真

--関連ページ--

クロアゲハ

/アゲハチョウ科

ジャコウアゲハ

/アゲハチョウ科

ナガサキアゲハ

/アゲハチョウ科

カラスアゲハ

/アゲハチョウ科

ミヤマカラスアゲハ

/アゲハチョウ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ