自然観察雑記帳/サイト内検索
コムラサキ(小紫)
鱗翅目(チョウ目)  タテハチョウ科  タテハチョウ亜科(コムラサキ亜科)
学名 Apatura metis   英名 Freyer's emperor
「雄」 撮影/August,08,2009
「成虫」

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 5〜9月。

◎大きさ 前翅長32〜42mm。

◎越冬状態 「幼虫」。
・雄の翅表に紫色の幻光が浮かび出る美しいタテハチョウの仲間。
・平地〜山地のヤナギ類の生える林などで見られ、樹液や獣糞などに好んで集まる。

・通常年3〜4回、寒冷地では年1〜2回発生する。

・翅表は雄では瑠璃色に輝き、雌では淡い茶褐色。翅裏は橙褐色、後翅中央部に白帯がある。
「雌」 撮影/September,29,2009
「黒化型」 撮影/August,18,2010
「幼虫」 撮影/September,06,2014
左・「終齢」/上・「一齢」  
「蛹」 撮影/September,06,2014
「幼虫」

◎大きさ 体長 約35mm(終齢)。

◎食草 ヤナギ科「ネコヤナギ」「バッコヤナギ」「シダレヤナギ」など。

  
・体は細長い緑色で、全体に黄色い微小突起を散布。腹部第4節に一対の突起がある。 

・大きい画像、他の画像へ覗く
チョウ写真検索はこちらへ。
幼虫写真検索はこちらへ。
「卵」 撮影/June,06,2015
「吸水」 撮影/August,08,2013

【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎鱗翅目        [Lepidoptera]

◎アゲハチョウ上科 [Papilionoidea]
◎タテハチョウ科    [Nymphalidae]
◎コムラサキ亜科   [Apaturinae]
◎コムラサキ属     [Apatura]
◎コムラサキ  [Apatura metis]

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 見る角度によって翅が紫色に見えたり、見えなかったり・・・感激でした。

2010年8月---翅が全体に黒っぽく、中央の帯が白色をした写真を追加しました。遺伝的変異の例として知られているらしく、このタイプは少ないそうです。ネットで調べると、正式には「コムラサキ・黒化型」で、「クロコムラサキ」と呼ばれているとのこと、紫色に輝いてとても美しかったです。

2014年9月---「幼虫」と「蛹」の写真を追加しました。
2015年6月---「卵」の写真を追加しました。

チョウ目・索引  写真

--関連ページ--

オオムラサキ

/タテハチョウ科

スミナガシ

/タテハチョウ科

ヒオドシチョウ

/タテハチョウ科

ルリタテハ

/タテハチョウ科

キベリタテハ

/タテハチョウ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ