自然観察雑記帳/サイト内検索
キシタバ(黄下翅)
鱗翅目(チョウ目)  ヤガ科  シタバガ亜科
学名 Catocala patala
撮影/July,13,2011
「成虫」

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 6〜8月。

◎大きさ 開張 69〜74mm。

◎越冬状態 「卵」。

「幼虫」

◎時期 5〜6月。

◎大きさ 体長  60〜65mm。

◎食草 「フジ」など。

・キシタバの仲間では最も大きい。

・大きい画像、他の画像へ覗く
蛾類/写真検索@ Aはこちらへ。
幼虫写真検索はこちらへ。
「幼虫」 撮影/May,23,2012
・頭部は丸味のある方形で、前面に黒い複雑な模様がある。
・胴部は中央部で太く、前後両端に向かって細まる。
・背面は黄色〜灰褐色で、多数の細い黒い縦条があり、腹面の中央には幅広い黒条がある。
・卵で越冬し、4〜5月に孵化、5月中〜下旬に老熟して粗繭を作り、まもなく蛹化して6月に羽化する。成虫は8月頃まで見られる。
【昆虫/写真検索】
・鞘翅目/オサムシ・コガネムシ他
 カミキリムシ類 ハムシ類 
 タマムシ・コメツキムシ・ハネカクシ他
 ヒラタムシ ホタル類 ゾウムシ類
鱗翅目/蝶  蛾@ A  幼虫
半翅目/カメムシ類  ヨコバイ類
蜻蛉目 膜翅目 双翅目
直翅目 その他
「幼虫」 撮影/May,20,2013
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2012年5月---「幼虫」の写真を追加しました。

チョウ目/ガ類索引  チョウ類索引  写真

--関連ページ--

オニベニシタバ

コシロシタバ

マメキシタバ

ナカグロクチバ

ハガタクチバ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ