自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目)ガ類 >シロオビノメイガ

自然観察雑記帳/サイト内検索
シロオビノメイガ(白帯野螟蛾)
鱗翅目(チョウ目)/ツトガ科/ノメイガ亜科
学名 Spoladea recurvalis
撮影/September,22,2010

◎分布/北海道、本州、四国、九州。

◎時期/6〜11月。

◎大きさ/開張 21〜24mm。

◎食草/ヒユ科「アカザ」「シロザ」など。

・褐色〜黒褐色の翅に、白い帯状紋のあるノメイガ。平地並びにやや山地で普通に見られる。
・頭部は白色、胸腹部背面は黒褐色で腹部の環節端は白色。触角は黒褐色。
・幼虫は「ホウレンソウ」「ウリ」「アカザ」などを食害する。
・大きい画像、他の画像へ覗く
ガ類/写真検索@ Aはこちらへ
チョウ類/写真検索はこちらへ
撮影/November,12,2010
撮影/September,12,2013
【昆虫/写真検索】
・鞘翅目/オサムシ・コガネムシ他
 カミキリムシ類 ハムシ類 
 タマムシ・コメツキムシ・ハネカクシ他
 ヒラタムシ ホタル類 ゾウムシ類
鱗翅目/蝶  蛾@ A  幼虫
半翅目/カメムシ類  ヨコバイ類
蜻蛉目 膜翅目 双翅目
直翅目 その他
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  

チョウ目/ガ類索引  チョウ類索引  写真

--関連ページ--

キアヤヒメノメイガ

シロアヤヒメノメイガ

シロモンノメイガ

ヨツボシノメイガ

ツマグロシロノメイガ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ