自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目)ガ類 >ハスオビエダシャク

自然観察雑記帳/サイト内検索
ハスオビエダシャク
鱗翅目(チョウ目)  シャクガ科  エダシャク亜科
学名 Descoreba simplex
「♀」 撮影/March,31,2015
「成虫」

◎分布 本州、四国、九州、対馬、屋久島。

◎時期 3〜4月(年一回)。

◎大きさ 開張 41〜48mm。

◎越冬状態 「蛹」。
・春に出現する蛾。雄の触角は櫛状。

・大きい画像は覗くこちら。
幼虫写真検索はこちらへ。
蛾類写真検索はこちらへ。
撮影/May,22,2013
「幼虫」
◎時期 4〜6月。

◎大きさ 体長 60mm前後。

◎食草 「サクラ」「クヌギ」「ミズキ」など。


・胴部は灰褐色で、暗褐色の細かい斑紋が散らばる。
・頭部は大きくて角張り、顔面を方形に残して黒帯にくまどられる。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2015年3月---成虫の写真を追加しました。

チョウ目・ガ類索引  写真

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ