自然観察雑記帳/サイト内検索
アカイラガ(赤刺蛾)
鱗翅目(チョウ目)  イラガ科  イラガ亜科
学名 Phrixolepia sericea
撮影/May,16,2012
「成虫」

◎分布 北海道、本州、四国、九州、対馬、屋久島。

◎時期 6〜7月、8〜9月(年2回)。

◎大きさ 開張 20〜27mm。

◎越冬状態 「前蛹」。
・赤褐色をしたイラガ。平地から山地まで広く分布し、年2回発生する。
 

・大きい画像、他の画像へ覗く
蛾類/写真検索@ Aはこちらへ。
幼虫写真検索はこちらへ。
「幼虫」 撮影/October,01,2012

「幼虫」

◎時期 7月、9〜10月(年2回発生)

◎大きさ 体長 約18mm。

◎食草 「サクラ」「ウメ」「チャ」「コナラ」「クヌギ」「クリ」など。


・体は幅広くてやや平たく、白緑色〜黄緑色で全体に透明感がある。
・黒い毛が生えた瘤状の肉粒が全体にあり、特に中央部の3対は大きく後側方に張り出す。
【昆虫/写真検索】
・鞘翅目/オサムシ・コガネムシ他
 カミキリムシ類 ハムシ類 
 タマムシ・コメツキムシ・ハネカクシ他
 ヒラタムシ ホタル類 ゾウムシ類
鱗翅目/蝶  蛾@ A  幼虫
半翅目/カメムシ類  ヨコバイ類
蜻蛉目 膜翅目 双翅目
直翅目 その他
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2012年10月---幼虫の写真を追加しました。
幼虫の突起の形や色がレイシ(苦瓜)に似ていることから「レイシムシ」と呼ばれるそうです。

チョウ目/ガ類索引  チョウ類索引

--関連ページ--

イラガ

アオイラガ

テングイラガ

クロシタアオイラガ

ヒロヘリアオイラガ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ