自然観察雑記帳/サイト内検索
イボタガ(水蠟蛾)
鱗翅目(チョウ目)  イボタガ科
学名 Brahmaea japonica
「終齢」 撮影/June,28,2010
「成虫」

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 3~4(年1回)。

◎大きさ 開帳 雄75~90mm 雌80~110mm。

◎越冬状態 「蛹」。
「幼虫」

◎時期 4~6月。

◎大きさ 体長 約70mm。 頭幅 約7mm。

◎食草 「イボタノキ」「モクセイ」など。


・大きい画像、他の画像へ覗く
蛾類/写真検索① はこちらへ。
幼虫写真検索はこちらへ。
・1齢幼虫は青白色に黒縞があり、2齢以後4齢までの斑紋は終齢幼虫と同じだが、中胸、後胸、肛上板の亜背部に各1対、第8腹節の背上に1本の黒く長い縮れたような角質の突起物がある。
・頭部はやや青味を帯びた灰白色で前面は黄色を帯び、黒条および黒色紋がある。
・体は淡黄緑色で背面は幅広く青白色をおびる。
・気門線は太く黒色、気門の周辺および各刺毛の基部では黄色となるために、一面に黄白点を散らすように見える。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 成虫の写真はありません。
図鑑では、縮れた長い突起物があるのを良く見ますが、それは4齢までで終齢では無くなるそうです。

チョウ目/ガ類索引  チョウ類索引

--関連ページ--

ヤママユ

ヒメヤママユ

クスサン

オオミズアオ

ウスタビガ

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ