自然観察雑記帳/サイト内検索
カノコガ(鹿子蛾)
鱗翅目(チョウ目)  ヒトリガ科  カノコガ亜科
学名 Amata fortunei
撮影/August,25,2009

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 6〜9月。

◎大きさ 開張 30〜37mm。

◎食草 「スギナ」「スイバ」「ギシギシ」など。

・翅は黒く大きな白斑があり、腹節の一部は黄色をしている。

・年2回、6月と8〜9月に発生し、昼間活動する。
撮影/June,24,2014
・大きい画像は覗くこちら。
蛾類写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ カノコガは「鹿子蛾」と書き、翅の鹿の子模様から来てるそうです。カノコガ科には他に「キハダカノコ(A. germana nigricauda)」と言うのが居て、本種より腹部の黄色い部分が多い。

チョウ目・ガ類索引  写真

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ