自然観察雑記帳> > 動物 > 昆虫・鱗翅目(チョウ目)ガ類 >ゴマフリドクガ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ゴマフリドクガ
鱗翅目(チョウ目)  ドクガ科
学名 Somena pulverea
撮影/October,01,2011
「成虫」

◎分布 本州、四国、九州、対馬、沖縄。

◎時期 5月、7〜8月。

◎大きさ 開張 雄20〜29mm、雌24〜33mm。

◎越冬状態 「幼虫」 ?
・普通は、前翅は黄色で褐色から黒褐色の燐粉を散布する。
蛾類写真検索はこちらへ。
「幼虫」 撮影/October,05,2012

「幼虫」

◎時期 ---

◎大きさ 体長 ---

◎食草 「ヒサカキ」「サクラ」「ハリエンジュ」など。

 
幼虫写真検索はこちらへ。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 前翅の外縁部と前縁部が黄色く、他の部分が黒褐色をしたものは、以前「ナカグロキドクガ」と呼ばれていたが、本種と同一種とわかった 『原色日本我類図鑑(保育社)』より。

2012年10月---「幼虫」の写真を追加しました。

チョウ目・ガ類索引  写真

写真帳へ   観察帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ