自然観察雑記帳/サイト内検索
ヤチスズ(谷地鈴虫)
直翅目(バッタ目)  ヒバリモドキ科
学名 Pteronemobius ohmachii
「雄」 撮影/October,01,2011

◎分布 北海道、本州、四国、九州。

◎時期 6〜11月。

◎大きさ 6〜9mm。

◎食物 植物や昆虫の死骸など。

・体は淡褐色で光沢がある。湿地や田の畔などに生息する。小顎肢(小顎髭)の先端節は淡黄色で、先端に褐色の1帯がある。

・「ジー」と、長めに鳴く。

・同じ仲間「ヒメスズ」など。 

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
直翅目(バッタ目)写真検索はこちら。
「雌」
【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎直翅目        [Orthoptera]

◎コオロギ亜目   [Ensifera]
◎コオロギ上科    [Grylloidea]
◎ヒバリモドキ科  [Trigonidiidae]
◎ヤチスズ亜科   [Nemobiinae]
◎ヤチスズ属    [Pteronemobius]
◎ヤチスズ
    [Pteronemobius ohmachii]
※判断自信度 ★★★★★
※メモ この手の仲間を判断するのは、余程見慣れないと難しい。「シバスズ(Polionemobius mikado)」かな? と思いましたが、体の色や撮影した場所が刈り取りが済んだ田んぼの湿った場所だった事から判断しました。本種は湿った所で多く見られ、「シバスズ」は芝生などの乾いた所に多いそうです。

バッタ目・索引  写真

--関連ページ--

ヒメスズ

/ヒバリモドキ科

マダラスズ

/ヒバリモドキ科

シバスズ

/ヒバリモドキ科

ヒゲシロスズ

/ヒバリモドキ科

ウスグモスズ

/ヒバリモドキ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ