自然観察雑記帳/サイト内検索
ツチイナゴ(土蝗)
直翅目(バッタ目) バッタ亜目  バッタ科
学名 Patanga japonica
撮影/November,03,2007

◎分布 本州、四国、九州、対馬、南西諸島。

◎時期 10〜7月(成虫で越冬)。

◎大きさ 50〜70mm(翅端まで)。

◎食物 「クズ」など、いろいろな植物の葉。

・体色は淡褐色や暗褐色で、白い細毛におおわれる。

・眼の下方から上唇上部にかけて黒い筋状紋があり、涙を流しているように見える。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
直翅目(バッタ目)写真検索はこちら。
撮影/September,11,2009
撮影/September,24,2011
「幼虫」 撮影/October,12,2011
【分類】
◎動物界        [Animalia]
◎節足動物門     [Arthropoda]

◎昆虫綱        [Insecta]

◎直翅目         [Orthoptera]

◎バッタ亜目      [Caelifera]
◎バッタ上科      [Acridoidea]
◎バッタ科       [Acrididae]
◎ツチイナゴ亜科 [Cyrtacanthacridinae]
◎ツチイナゴ属   [Patanga]
◎ツチイナゴ   [Patanga japonica]
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2011年10月---幼虫の写真を追加しました。

バッタ目・索引  写真

--関連ページ--

トノサマバッタ

/バッタ科

ショウリョウバッタ

/バッタ科

コバネイナゴ

/バッタ科

ハネナガイナゴ

/バッタ科

クルマバッタ

/バッタ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ